金属箔抵抗器(Bulk Metal?Foil Resistors)技術とは

薄膜抵抗器や巻線抵抗器とは異なり金属箔抵抗器は数ミクロン厚に圧延された特別な合金箔を抵抗体として使用しています。この金属箔を抵抗体として用いることで他の抵抗器技術にはない卓越した性能を得られます。特に抵抗温度係数(TCR)は厳正に品質が管理された合金の配合と新たに開発されたフォイル安定処理製法により他に類を見ない0.14ppm/℃という非常に低いレベルを実現しています。

製造工程、抵抗値調整、構造、抵抗温 度特性PDF

金属箔抵抗器の特長

抵抗温度係数:
 0.14 ppm/℃ (代表値)
抵抗値許容差:
 ±0.005%
経年変化:
 5 ppm/年, 10 ppm/3年 (ハーメチック形)
負荷寿命:
 0.005%/2000 時間(代表値)
熱起電力:
 0.1 μV/℃ (リード間)
雑音:
 -42 dB
電圧係数:
 0.1 ppm/V
周波数特性:
 インダクタンス: 0.08 μH/キャパシタンス: 0.5 pF

NASA (ゴダ―ド宇宙飛行センター) 評価レポート

"米国軍規格MIL-R-122/1相当の固定精密メタルフォイル抵抗器評価レポート61132 & 80819A"
アルファ?エレクトロニクスの金属箔精密抵抗器はNASA(米国航空宇宙局)が人工衛星に搭載するために求めた部品認定に必要な特性を全てクリアーしました。報告書は1995年12月に刊行され1998年7月にデータの追補が行われました。アルファ?エレクトロニクスの金属箔抵抗器は現在、米国気象観測衛星(GOES)、日本の多目的通信衛星(MT SAT)、米国の土星探査機(CASSINI)に搭載されています。

3d 精魔サキュバスkami/腿张的大一点医生帮你/女人张腿给男人桶视频/多人做人爱的视频播放